結局どれ買う??2022年夏、ブランド「かごバッグ」

まさか、このまま関東は梅雨明けなんじゃ◔_◔・・・そんなことを思ってビクビクしていたら、実にその「まさか」でしたね!!雨の記憶・・・ほとんどありません☂(^^;)今年の夏は長くなりそう・・・

でも!長い夏も悪くはないかもしれません★わたしは最近お気に入りの「かごバッグ」を買ったので、梅雨を挟まず今から2ケ月以上思いきり使えそうなので(^^)!

ということで、今日も酷暑なので早速「かご」♪太陽サンサン、暑い日にラフィアが映えていい感じですヽ(^o^)丿やっぱり夏は、「かご」ですね!

今年はブランドのかごバッグをひとつ買おうと決めていたものの、大きさとデザインが好みにマッチするものがなかなかなくて、決めるまでに時間がかかりました(;_;)

でも!「éclat(エクラ)」7月号で見た「セリーヌ」のかごバッグが気になり、その延長でこのバッグをみつけたら、服とのコーデがどんどん浮かんできたのです(^^♪ダークカーキのレザーが、黒やブラウン系が多いわたしの手持ち服に大人っぽく合わせられると思いました★シックな色でカゴでも幼く見えず、大きさも理想的!

こういうかごバッグは、フランスでは「パニエ」と呼ばれます。これを持ってフランス人がマルシェで買い物をしている姿はおなじみの光景ですね♪

わたしは、南仏の港町「マルセイユ」に1年くらい住んだことがあるのですが、そこからバスで30分ほどの「AixenProvence(エクス・アン・プロヴァンス)」という街に立つ大きな市場(マルシェ)には、パニエだけを売るお店がありました。キラキラの太陽の光に、ずらりと並ぶカラフルなパニエが最高に映えるんですよね!

だから、懐かしさもあるのかな??・・・マルシェを想い出して、ついつい大きなパニエを選んでしまいました(^^;)!!

今年はブランドのかごバッグに小さいデザインも多く、セリーヌにもパニエでかわいい「ミニサイズ」があります★小さいタイプも惹かれますが、荷物が多いわたしはやはり「マルシェ的パニエ」が実用的で長く使えると思ったんです。

雑誌もPCも、何でも入っちゃうんですよ!「ヤシの葉」で編まれたパニエは丈夫で軽いので、大きくても肩に負担がかかりにくいのが特徴です。ただ「夏っぽくておしゃれ」というだけではなく、実用的なバッグなんです。

ブランドのかごバッグには、セリーヌのように「ラフィア」と「革」の異素材が組み合わさったデザインも多いですよね(^^♪レザーが入ると、カジュアルバッグの高級感がグッと深まります。アクセントになるこのレザーの色は、選ぶ際のひとつのポイントになりそう★

カーキのレザーを選んだのは、先ほども書いた通りアイテムに「黒」が多いからです(^^)/最近買ったTシャツもサンダルも黒・・・カーキに組み合わせると、夏らしさと色のセンスが大人っぽく深まるので、頻繁に着る組み合わせなんです(^^)/パニエを見た瞬間、イメージがどんどん湧いてきたので、わたしのワードローブでは絶対に正解だと確信。スカートにもカーキを持っているので、バッグにリンクさせたら最高にまとまりました♡

パニエによく合うアイテムといえば「リネン」もそのひとつですね♪「麻」と「ラフィア」の自然素材同士で相性よくなじみます。ナチュラル感があり、涼し気な印象に☆彡

これはシャツを合わせましたが、もちろんリネンスカートやリネンワンピ、リネンジャケットにも抜群に合いそうです(^^)

ロゴマークのインパクトが大きいので、服はシンプルなデザインが合わせやすいです。逆にいうと、服を考えるのが面倒な時はロゴの力におまかせしちゃって、何も考えずに頭から無地ワンピ1枚をガバっと着れば、それでキマってしまうんです(^^;)・・・ブランドロゴは、コーデを助ける究極のアイテム!

このバッグなら、一番先にロゴに目が行きそう・・・でも、あまりイヤミを感じないのは、やはりセリーヌだからかな??

「デニム×Tシャツ」のような超シンプルコーデにもよく合いそうです♪

突然の夏到来で、かごバッグがコーデに急ピッチで必要になりそう!わたしは、プチプラの愛すべき「かごバッグ」と併用して、時にブランドバッグでラクをしたいと思います(^^;)

「CELINE」パニエ(公式オンラインストア)

暑いのは大変ですが、テンション上がるバッグがあれば、外に出るのも少しは楽しくなりそうです!ぜひ素敵なかごバッグをみつけて、夏のコーデを楽しんでいきましょう♪

猛暑にお気をつけてお過ごし下さい!

「中学受験ブログ」をはじめました↓↓↓2022年2月に終了した娘の受験について綴っています。よければ遊びに来てください(*^-^*)